【寝起きスッキリ】起きる前に布団の中で出来る!「寝ころびスッキリ体操」

健康術

朝、目が覚めたらスッキリ快適に起き上がりたいですよね!

今回は、偶然見つけた「スッキリ体操」をご紹介します。完全オリジナルの体操ですが、お布団の中で出来ちゃうので、めちゃくちゃ簡単!

そして、起き上がる時にはちょっとスッキリしているので、貴重な朝の時間を有効活用できるようになるかもしれません。

  • 朝が苦手
  • 疲れが取れない
  • 天気や季節によって寝起きがスッキリしない

こんな方は、ぜひお試しいただきたいです!

【寝起きスッキリ】起きる前に布団の中で出来る!

朝目が覚めて、「だるいなぁ」「まだ寝てたいけど、起きなきゃ。でも・・・」みたい事ありませんか?私は毎日のようにあります(笑)

でも、生活リズムを整えるためには、なるべく朝起きる時間は同じにした方がいい。と、主治医からも言われているので、頑張って起きるようにしています。

でも!!!

それでも、やっぱり体がだるくて起きたくない。まだ寝ていたい。という衝動に負けそうになります。

そんな時、たまたまお布団の中で思いついた簡単体操「寝ころびスッキリ体操」をご紹介します!

【寝起きスッキリ】寝ころびスッキリ体操の手順

頑張って、イラスト描いてみました!

①~④の手順通りに、伸び伸びするだけなんです。しかも、お布団に入ってる状態のまま。寝ころんだまま出来ちゃいました!

イラストだけではわかり肉と思うので、解説していきますね!

①と②腕と足を引き延ばす

  1. まずは寝ころんだ状態で、腕を上げます。(真上にあげるのではなく、耳につける感じ?ひじは伸ばしたままです。)
  2. そして、伸ばした腕と逆の足を一緒に伸ばします。
ゆすら
ゆすら

腕と足、左右逆というのがポイントです!!

体を斜めに引き延ばす感じをイメージしながら、寝たまま伸ばす、という方がわかりやすいでしょうか?(余計、わかりにくかったらごめんなさいです。)

※②のイラストは、逆の腕と足を引き延ばすだけです。

③体の力を抜いて深呼吸

  1. ①と②、左右の引き延ばしが1回ずつ終わったら、一気に体の力を抜いてリラックス。
  2. そして、ゆっくりと深呼吸をします。
  3. 深呼吸は、鼻から吸って、口から吐く。

体がリラックス出来たかな?と思うまで、何度か深呼吸を続けてみてください。

④肩甲骨や背中・首を伸ばす

いっけん、難しそう・・・と思われるかもしれませんが、イラストを見なおしてください(笑)

こんな簡単なイラストで表現出来ちゃうくらい、簡単です。

  1. 肘を軽くまげた状態で、手をお布団(つまり、床です。)につけます。
  2. そして、上半身だけ上に持ち上げます。(肘は曲げたままでOK!)
  3. 上半身が浮いてきたところで、腕を下に押し付けます。

上半身は、上に行きたい。でも、腕は下に行きたい。という状態を作るという事ですね~。

ゆすら
ゆすら

これで、肩甲骨周り、背中、首のあたりがスッキリしちゃいました。

時間は、ちょっとプルプルしてきたかも?くらいでストップ!

長くやりすぎると疲れてしまって、逆効果です。そして、時間をはからないで感覚でやっちゃうのがいいと思います。

もしやってみてまだ、スッキリしないかも・・・。という方は、こちらのズボラ体操も合わせてやってみると良いかもしれません。参考にしてみてくださいね~。

まとめ

  • お布団の中でも出来ちゃうズボラ体操!
  • ポイントは、伸ばした腕とは逆の足と一緒に引き延ばす!
  • 一度、体をリラックスさせる事も必要!
  • 最後に、上半身を使って肩甲骨周りをスッキリさせる。

これを続けていくと、疲れにくく感じるかもしれません。肩甲骨周りを伸ばす事で、肩や首、背中の血行が良くなっているからじゃないかって思ってます。

ただ、体がひどく疲れている状態。筋肉痛や風邪をひいている。という時には、使わないようにしてくださいね。

ゆっくり休まないといけない時に、無理してまでやる必要はないと思います。

たまに、だるくて起きたくないな・・・。と思った時に、試してみてください。毎日続けなくても良いという点でも、ゆすらのズボラ体操は簡単。という事です♪

ランキング参加中です!
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

 

節約&時短レシピおすすめ本!!

世界一早い!家政婦makoのずぼら1分ごはん

クックパッドのスーパー節約レシピ

睡眠のおすすめ本!!

スッキリした朝に変わる睡眠の本

おすすめのネット通販サイト

健康術
スポンサーリンク
ゆすらをフォローする
スポンサーリンク
ゆすらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました